本文へスキップ

茨城県つくば美術館は、<貸ギャラリー>事業を行っています。個展やグループ展など、さまざまな美術活動の発表の場としてご利用ください。

TEL. 029-856-3711

〒305-0031 茨城県つくば市吾妻2-8

土曜講座NEWS&FAQ

茨城県内の学芸員等が,様々な視点やアプローチにもとづく講座を行います。経験や研鑽を通じて学んだことをはじめ,展覧会で関わった作家の人となりなど,学芸員でなければ語れないエピソード等についてお話しします。
土曜日の午後は,当館の講座にぜひご参加ください。

●日時:土曜日 午後1時30分〜(1時間から1時間半程度)
●場所:当館2階講座室
参加費:無料(どなたでもご自由にご参加ください)

30年度 講座案内

4月14日(土)
第1回「中村彝の新発見作品をめぐって」 終了しました

中村彝の親友の肖像画が発見され,近代美術館の所蔵となりました。「美術館へのおくりもの展」で4月21日から初公開される同作品「伊原元治氏像」をめぐって彝の芸術を考えます。

小泉 淳一 氏(茨城県近代美術館 学芸顧問)

5月12日(土)
第2回「肉筆浮世絵の魅力を味わう」 終了しました

天心記念五浦美術館で開催の「熊本県立美術館所蔵 今西コレクション 肉筆浮世絵名品展」(会期:4月28日〜6月10日)出品作品により,江戸から昭和期までに描かれた浮世絵に見る風俗などを中心に出品作品について解説します。

荒木 扶佐子 氏(天心記念五浦美術館 企画普及課長)

6月9日(土)
第3回「茨城県近代美術館ものがたり」

今年開館30周年を迎える茨城県近代美術館。そのコレクション成長の歩みをはじめ,展覧会開催にあたっての裏話など,普段オモテにでない様々なエピソードも含めて紹介します。

山口 和子 氏(茨城県近代美術館 美術課長)

8月4日(土)
第4回「茨城ゆかりの芸術院会員たち」

「茨城近代美術の精華U 日本芸術院会員五人展」(6月12日〜8月12日)の開催にちなみ,芸術院会員となった本県にゆかりのある作家たちを紹介します。

井野 功一 氏(茨城県近代美術館 首席学芸員)

9月8日(土)
第5回「ポーラ美術館コレクション展の見所〜印象派を中心に〜」

開館30周年記念展として開催する企画展「ポーラ美術館コレクション モネ,ルノワールからピカソまで」の見所を紹介します。出品作品により,印象派を中心に,フランス近代絵画について分かりやすく解説します。

澤渡 麻里 氏(茨城県近代美術館 主任学芸員)

10月13日(土)
第6回「児玉希望の渡欧について-『生誕120年 児玉希望展』作品紹介」

天心記念五浦美術館で開催する「生誕120年 児玉希望展」(会期:10月13日〜11月25日)の出品作品を紹介します。幅広い画風で知られる希望ですが,渡欧経験は希望の作品を更に奥深いものとしました。児玉希望がヨーロッパで描いた作品を中心に,展覧会の魅力をお伝えします。

塩田 釈雄 氏(天心記念五浦美術館 学芸員)

11月10日(土)
第7回「横山大観の画業」

茨城県出身の日本画家・横山大観は,今年生誕150年を迎えます。初期から晩年に至る作品を通じてその画業をたどります。

稲葉 睦子 氏(茨城県近代美術館 首席学芸員)

1月12日(土)
第8回「小林恒岳の人と芸術」

天心記念五浦美術館で開催します「追悼ー小林恒岳展」(12月13日〜2月11日)の出品作品を紹介します。霞ヶ浦や筑波山をはじめ茨城の豊かな自然とそこに生きる鳥たちを温かな眼差しで描き続けた日本画家・小林恒岳(1927−2017)。初期から晩年までの代表作によりその生涯と画業を紹介します。

中田 智則 氏(天心記念五浦美術館 首席学芸員)

※都合により内容が変更になる場合があります。
※講座ご参加の方で自家用車でお越しの場合は、当館指定駐車場「南2」または「北2」をご利用ください。
  2時間の割引処理をいたします。

バナースペース

茨城県つくば美術館

〒305-0031
茨城県つくば市吾妻2-8

TEL 029-856-3711
FAX 029-856-3358